勉強、勉強なんて言ってないで自分も学ぼうよ

バラク・オバマさんが大統領時代に、演説したそうだ。

新しいゲームを買うだけではなく、つくってみよう!
最新のアプリをダウンロードだけではなく、創造してみよう!
スマホで遊ぶだけではなく、プログラミングしてみよう!

演説の原文は以下のとおり

Hi everyone, This week I’m proud to join the students, teachers, businesses and non-profit organizations taking big new steps in supporting computer science in America’s schools. Learning these skills isn’t just important for your future, it’s important for our country’s future. If we want America to stay on the cutting edge, we need young Americans, like you, to master the tools and technology that will change the way we do just about everything.
That’s why I’m asking you to get involved.
Don’t just buy a new video game, make one!
Don’t just download the latest app, help design it!
Don’t just play on your phone, program it!
No one’s born a computer scientist, but with a little hard work, and some math and science, just about anyone can become one. This week is your chance to give it a shot. And don’t let anyone tell you “You can’t. “ Whether you’re a young man or a young woman, whether you live in a city or a rural area, computers are going to be a big part of your future. And if you’re willing to work and study hard, that future is yours to shape. Thanks everybody!

国語・算数・理科・社会・英語

学校の授業は社会生活の基礎知識になります。

だかかこそ、学校の授業をきちんと受け知識として習得することが幼い頃から必要になります。

ただ、子どもたちは勉強を押し付けられるのは嫌いです。自分で進んで勉強することが好きです。

学校の授業を進んで受けるようななるためには、保護者や周辺の人たちの補助が大切です。

ゲーム・遊びを熱心にやって、ゲームに勝つためにはどんなことをすればいいのか?を真剣に考えることができたらその子は勉強への一歩を踏み出したと言えると思います。