• 2020.08.05

18項目の秘訣

1. 外に出て、からだを動かす 散歩や軽いジョギングをすると、健康的な体重を維持しやすくなるだけではなく、脳内快楽物質(エンドルフィンなど)の分泌が盛んになる。 2. 頻繁に笑う ニュートラルな表情よりも悲しい表情を浮かべている男性は年より […]

  • 2020.07.27

布地を買いました

ホームセンター ムサシ 久喜市菖蒲町菖蒲700(https://hc-musashi.jp/kuki/) 2階にある「アークオアシス」で布地を買いました。 1メートル、驚きの100円です。 1メートルだけ買いました。 端っこを縫って、風呂敷 […]

  • 2020.05.13

孫子とランチェスタ第1法則

我專爲一 敵分爲十 是以十攻其一也 我は專(あつ)まりて一と爲り 敵は別れて十とならば 是、十を以て其の一を攻むるなり 我專爲一 我が軍は、1つに集まる 敵分爲十 敵軍は、10に別れる 是以十攻其一也 是により、敵軍の10に別れた1つに対し […]

薺咲くバージンロード

父と歩むバージンロード振り返ればそこここに生うぺんぺん草は  東武東上線常盤台駅から徒歩五分の所にある「常盤台バプテスト教会」で五十年近くも前に挙げた結婚式を思い出して作った歌である。父と共に腕を組んで歩いたのは私の記憶にある限りこれのみし […]

納豆に大根おろし

納豆を食べるときに大根おろしを入れます。 小さいころ、おじいさんの家に行くと、大根おろしをたっぷり入れた納豆が出てきました。 大根おろしは少し辛くて、「おとな」の味がしました。   20年以上も前のことです。 会社勤めをしていた僕は、会社が […]

桜におもうこと

 今、まさに桜満開である。この時期になると、私ならずとも日本中がそわそわうきうきする。この花の咲く姿を見逃したら、この年にこの春に置いて行かれそうな気がしてならないからだ。  私の家から十五分ほど歩くと東坂戸団地がある。正確にはわからないが […]

三日月さまの目

 運動会といえば、遠い遠い私の運動会を時々思い出しては、涙ぐむことがある。それは一等を取り続けたこと、陸上選手で活躍したことでもない。  小学四年生のときの運動会、今もどこの学校でも、ダンス、遊戯の披露があるが、私たちの時もあった。今の子供 […]

東日本大震災

発生時のわたし  忘れようとしても忘れられようか。いや絶対に忘れてはならないことである。二〇一一年3月十一日、午後二時四十三分、東日本を襲った巨大地震、それに伴う巨大津波を。  そのとき私は厨房においてあるマッサージ機に身をゆだね、ウトウト […]

雪が降る

昨日は桜が満開でした。 今日は雪が降っています。 昨夜の天気予報、当たっていました。 昨日はとても暖かい日でした。 今日はとても寒い日になりました。 昨日と、今日、ずいぶん天候が違います。 O–ー ちくわ––- o

母の捧げもの

 戦後、七、八年私が住む村も混乱がようやく落ちついたもののまだまだ人々の生活は困窮を極めていた。(それは日本全国どこも同じだったと思う。)ことに疎開者の生活はひどく、住む家はどうにか確保できたものの、収入のあては乏しく、あちらこちらの農作業 […]

先祖

 ある日曜日、東京は神保町にある学士会館で、私が所属している短歌の結社の新年会があった。前の所をある事情で退会し、今の所に入会したばかりの私にとっては荷の重すぎる会であったが、勇気を振るって参加した。正確には覚えていないが凡そ百名近くの参加 […]

 サスペンスドラマは良く見る方である。残酷な殺人の場面がきらいで、女性はあまり好きでないようだが、それはそれ所詮ドラマと割りきってみるから、あまりどきどき感やはらはら感はなく、つまりは犯人は誰? と言う謎解き感がたまらないのである。だから煎 […]

プラタナス

 8月末のある日、高校時代の親友文子から、ゆうパックが届いた。なんだろう? この時期にと思い開けてみると、長い年月を経て薄汚くなった表紙の『プラタナス』と名物小牛田饅頭である。「わぁ懐かしい『プラタナス』だあ」と私は饅頭はそっちのけで『プラ […]

雨傘

 1年で一番雨が降るのは9月で、梅雨のシーズンより雨の降る量が多いそうである。振り返ってみるとそんな気がするし、事実そうなのだろう。しかしここに来てその定説も危うくなったように思う。第一梅雨の言葉さえ死語となったと思うくらいなのだから。   […]

  • 2020.03.25

最近のカタカナ用語

オーバーシュート (急激な感染拡大) もともと金融関係の「行き過ぎた取引」の意味で使用されていました。今回の新型コロナウイルス報道では、人間の意思決定が今後の感染拡大を大きく左右するという警鐘を込めて、あえて「オーバーシュート」という単語を […]

1 3