ファイル転送とデータの受け渡し

FTPとデータ送信

インターネットを利用して、Webサーバー側と自宅パソコン間でデータをやりとりする。

たとえば、WordPressで新規投稿する、デザインを変更する、Webサイトに問い合わせフォームを用意して「問い合わせ」をメールで受け取るなど。

これらに対して、ファイルごとサーバーにアップロードしたり、ダウンロードしたりすることもある。

これらは、どんなふうに違うのだろうか?

インターネットでデータ送信とは

WordPressで記事を投稿するときなどは、まるでワープロソフトに文書を作成している錯覚に陥る。

投稿の実際は、Webサーバーのデータベースを書き換え・追加を行っている。

CSSやテンプレートの書き換えは、WordPressの専用エディタが書き替えをサポートしている。

その仕組みは非常に複雑で専門的な知識が必要なのだが、文字列単位もしくは文字列を含めた「かたまり」でデータを送っていると考えても良いだろう。

FTPとは、ファイルごと転送する仕組み

WordPressで、テーマを「wp-content/themes」に転送するときなどに利用するアプリケーションソフト。

FTP(File Transfer Protocol)とは、ファイル転送プロトコルのことで、ファイルを転送する仕組みをいう。

さまざまなフリーソフトが提供されている。

FFFTP

ALFTP

WinSCP

Cyberduck(Mac用)

などのソフトがある。

どのソフトが良いのかというと・・・FFFTPはよく使っているし、WinSCPは最近インストールして結構使いやすいと感じている。

http://freesoft-100.com/pasokon/ftp.html
こちらのサイトで詳しく解説しているので参考にしてほしい。

FFFTPソフトのワンポイント・ヒント

パソコンがいきなりクラッシュ、パソコンを買い替えなどの時に「接続設定」を引き継ぎたいときなどに役立つ方法を1つ。

通常は「接続設定」はレジストリに記録される。そうすると、FFFTPをインストールし直したときは接続設定を改めて設定するようになるが、「 ini 」ファイルに記録することができる。

ときどき、「 ffftp.ini 」をコピーしておくと安心できる。外部記憶装置(外付けハードディスクやUSBメモリなど)にバックアップをとっておくと、いざというときに便利。